◆大津絵 鬼の袋帯

当店で販売した袋帯のご紹介。

袋帯はどちらかというとフォーマル用ですが、中にはくだけた柄もあります。

画像は大津絵の鬼をモチーフにした袋帯です。

大変ユーモラスな図柄です。

鬼が柱によじ登っています。

大津絵の袋帯③


大津絵とは滋賀県に今なお残る民芸画。


大津絵

近江国追分を発祥の地とするもので、寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始めました。当初は信仰の一環として描かれたものでしたが、やがて世俗画へと転じ、加えて18世紀ごろより教訓的・風刺的な道歌を伴うようになりました。


江戸時代を通じ、東海道大津宿の名物となります。
 
 
文化・文政期(1804- 1829年)には「大津絵十種」と呼ばれる代表的画題が確定し、一方で護符としての効能も唱えられるようにになったそうです。


幕末に最盛期を迎えますが、現在では衰退します。この頃になるとその画題もだいたい決まり、中でも鬼の画像は代表的なものです。


その大津画の鬼をモチーフにし、さらにアレンジしたのがこの袋帯の面白い所。実はこの帯、物語が隠されています。


帯として全体を見た時に分かることと、帯を締めた時に分かることがあるのです。

大津絵の袋帯②

例えば帯を締めた時の「たれ」の部分には柊尾(ひいらぎ)を加えた鼠が梯子を上っています。

今にも柱を駆け上りそうですが、この鼠を恐れて鬼が柱を登っているのです。

節分の風習で、玄関先にイワシの頭や、柊を取り付けることがありますが、この柊のトゲトゲが、鬼は苦手なのです。

帯を締めるとこんな感じになります。


大津絵の袋帯①


実際の帯は端から端まで緑色の柱が長く織られていますが、帯を締めると一気に鼠との距離が近付くのです。

ここまでは締めることで分かる図像となりますが、実は締めると分からなくなりますが、この帯には隠れる部分にも遊び心が施されています。


実際に締めてしまうと見えなくなるのがこちらの画像。

大津絵の袋帯④


雲にもみえるこの黄色のモヤモヤ。当初は雲かと思っていましたが、実はこれ鬼のパンツです。

柊を咥えた鼠が来たので、慌てて柱を登った際に、パンツが脱げてしまったのです。


一番最初の画像を見てもらうと分かりますが、鬼のお尻が丸出しになっているかと思います。


どうしても面白い画なので、そちらにばかり目が行ってしまいますが、織り方も大変手の込んだ鱗織です。

蛇の鱗のようになっています。

鱗文様や柊、鬼も実はすべて厄除けの柄なのです。


紅葉屋ではこんな着物・帯が好きで、浴衣から振袖まで多数揃えております。


文化財復元小袖のご紹介でした。


※紅葉屋呉服店はこちらまで

スポンサーサイト

Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

◆紅型振袖

紅型の振袖です。(売約済)

柄の付け方が横方向になっている、古い様式に染めてあります。

紅型でも珍しい柄の付け方です。


紅型振袖①


紅型振袖②

当店では振袖のレンタルはしていませんが、文化財復元小袖の振袖も扱っています。



紅葉屋呉服店はこちら

Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

◆唐織袋帯2

唐織と聞くと能装束を思い浮かべる人もいると思います。

能装束

能装束は、小袖物、広袖物、袴物、被り物、付属小物に分類できますが、唐織は小袖物に属します。

小袖物は唐織の他に、刷箔、白練・白綾、熨斗目、厚板、縫い箔などがあります。

それぞれ役割毎に割り当てられますが、唐織は女性の表着として老若・貴賤を問わず用いられます。最も豪華な能装束と言えます。若い女性役の時は紅色が際立つものを、年配の女性の場合は渋めの色を着ます。

唐織復元

能装束では表着として織られている唐織ですが、当店ではこの唐織を帯に復元して販売しております。

唐織袋帯①

籠目の文様に秋草・菊をあしらった文様です。

実を申せば、この画像の「籠目秋草文唐織袋帯」は随分昔に販売したもので、結婚された方の娘さんが成人式を迎えるにあたり、この帯を振袖とともに着たいとのことで、メンテナンスを兼ねて預かったものです。


親子とも大変気に入り、今まで何度もしめたとおっしゃっていました。(しわはそのため)有難いことです。


画像では伝わり難いかもですが、本歌の唐織衣装を忠実に再現したもので、色、文様、織り方など徹底的に拘った美しい帯です。今見ても全く古さを感じません。


今では再現できない袋帯と言えます。


唐織袋帯②


当店では僅かですが、現在では二度と出来ない唐帯袋帯を扱っています。


Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

◆唐織宝尽袋帯

昔当店で販売した唐織宝尽文袋帯。

宝尽袋帯①


宝尽とは、文字通り宝物を並べた文様の事で、縁起の良い吉祥模様と云われています。

古くは中国の元・明代の青花や釉裏紅にも見られる文様です。


日本では「如意」「宝珠」「宝鑰」「小槌」「金嚢」「隠れ蓑」「隠れ笠」「丁子」「花輪違」「金函」「砂金袋」「巻物」などで構成されていますが、画像の様に上記の文様を基本にしながら「鶴」や「珊瑚」等も入ることがあります。他にも七宝文や霊芝文など様々なパターンがあります。

宝尽袋帯③


唐織とは、元々は中国から日本の輸入品です。時の将軍、足利義政の頃、武家の作法や心得記した書物「宗五大艸紙(そうごだいそうし)」に登場します。

 
日本で唐織が織られるようになったのは元亀年間(1570~1573年)前後と云われます。織田信長の時代、安土桃山時代ですね。


桃山時代でも貴重・高級品とされ、秀吉の晩年においても唐織の着物は上級武家間の贈答品とされていたとの記録も残っています。上杉謙信も胴服を所持していました。


ようやく庶民の方にも出始めたのは江戸時代になってからです。
 

唐織はふわっとした柔らかい感じがその特徴で、気品と風格のある個人的にも大好きな織物です。


画像の帯を買われたお客様も大変気に入り、大切になさっています。


唐織はその織り方の性質上、着付けをする時には指輪や時計は外すようにして下さい。引っかけやすいのです。

宝尽袋帯②


今回の依頼は引っかけてしまった帯の直しです。直した画像はありませんが綺麗になりました。


当店ではこんな唐織の帯や、帯の直しも承っております。


Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

◆オリジナル羽織紐(紳士用)

紳士用の羽織紐で「何か面白いものはないか?」ということで探し続けておりましたが、なかなか気に入るものが有りません。

ないなら作るかということで、一点ものの羽織紐を製作しました。

羽織紐①

それがこの画像のもの。

中心部の金色の物は「五鈷杵(ごこしょ)」と呼ばれるものです。

密教で用いられる法具です。

ただし、実際に使われる法具はもっと大きい物ですが、これはお守り用で作られたものでしょう。日本の物ではなくチベット製です。

羽織紐②

たまたまこの五鈷杵を手に入れたので、羽織紐に丁度いいと思い製作しました。

当店ではこんなちょっと変わった物もあります。




Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる