◆振袖について 「そもそも振袖とは?」 

着物と言われて想像すると、成人式の時に女性が着る振袖をイメージする人は多いのではないでしょうか?

今回は振袖について考えたいと思います。そもそもですが、振袖とは何でしょうか?

振袖画像


諸説ありますが、歴史的な背景を言えば振袖の原型は室町時代の小袖と云われております。


その後、桃山時代に大流行した辻が花染めなどの技法を経て、小袖は華やかな「きもの」に発達しました。


平和が続いた江戸時代あたりから袖丈が徐々に長くなり絢爛豪華な振袖が誕生しました。


今日の振袖の技法は此の時に大きく前進しました。


宮崎友禅斎が創始した華麗な友禅染を始め、箔置、刺繍、型染めなど次々と新たな技術が生まれ発展してきました。


そこには彼ら一流の名も無き職人達の妥協無く「美」を追求する歴史があったのです。


そんな長い歴史の積み重ねを経て今日の振袖があります。


きものには様々な種類があります。黒留・色留・黒紋付・色無地・訪問着・付下・小紋・浴衣などなどです。


その中で振袖は未婚の女性が着ることが出来る、世界にも稀な最も美しく贅沢な民族衣裳なのです。


世界には数多く民族衣装があります。


そのどれもは、現地の人達以上に他国の人が着こなすことは出来ないと思います。


それは国ごとの個性や、歴史、民族性や精神性がそれぞれ違うからです。


日本に置き換えて言えば、振袖は若い日本人女性が一番美しく輝く、世界に誇れる民族衣裳なのです。






Tag:振袖  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる