FC2ブログ

◆小紋について  ~江戸小紋の話 ~ 

一言に着物と言っても様々な種類がありますが、今回は小紋について、その中の江戸小紋について触れたいと思います。

小紋2

小紋とは簡単に言えば、上の画像のような着物全体に同じパターンの柄がある着物のこと。カジュアルな着物と言える。

この小紋を更に分類すると、京型小紋、加賀小紋、そして今回詳解する江戸小紋などがある。

小紋と言えば、「江戸小紋」と連想してしまう着物好きの方も多いと思うが、江戸小紋とは画像のような色をいくつも用いた小紋ではなく、主に一色染の着物で、とても細かい文様がその特徴と言える。代表的な江戸小紋の文様と言えば以下のもの・・・。

◆鮫小紋(鮫の肌のようだから)
小紋・鮫

◆青海波
小紋・青海波

◆毛万 
小紋・毛万

他にも沢山種類はあるが、上の画像は着物に顔を近づけた時に、こんな柄だと分かるもので、遠目で見たら柄の無い、一色染の着物(色無地)に見えたりする。画像をよく見てもらうと分かるが、細かい点が集まって柄になっているのが分かる。(毛万は違います)

江戸小紋のルーツを辿ると、江戸時代の大名の裃の模様として発達した。

藩ごとの特徴がある細かい柄だ。色は藍色でその「渋さ」と「いき」が特徴でもあったことから、だんだんと江戸の庶民の間でも流行していったようだ。

裃

江戸小紋を染める場合、型紙とよばれる模様が掘られた紙を用いて生地に染める。

この江戸小紋に用いられた型紙は、関東で彫られたものではなく、伊勢で彫られた所謂「伊勢型紙」を用いて染められていた。

何故わざわざ遠く離れた伊勢かと言うと・・・と説明しだすと長くなるので割愛しますが、この伊勢型紙を掘るというのは大変手間がかかる作業である。

まず、彫師に頼む前の段階、どうやって型紙の紙を作るのか調べてみた。



①良質な和紙を作る。和紙は不純物のないことが大切。不純物があると彫も染も上手くいかない。

②良質な和紙2,3枚をタテ、ヨコに柿渋で張り合わせる。

③天日で干し、室で燻し、また干して室に入れて型紙用の紙が出来る。


そしてこれが彫師にわたる。ここからがまさに職人の世界。



先に詳解した、細かい点からなる代表的な江戸小紋の文様を染めるには、型紙にこの細かい穴を開けねばならないということ。

当然、穴の大きさにより、道具の刃先の形、大きさが変わってくる。


伊勢型紙道具2

この画像は、もう亡くなられたが、人間国宝に指定された伊勢型紙の彫師、中村勇次郎さんの使った道具の数々を詳解したもの。その道具の数の多さにまず驚く。

また、江戸小紋を染める型紙は大別すると、大、中、小の型があり、それぞれ柄の大きさが違う。江戸時代では大型は風呂敷や油単(ゆたん:箪笥などを覆う布)を、中型は浴衣、小型は着物を染めていた。

今日見かける江戸小紋は、先ほどの細かい柄を思い浮かべやすいが、もう少し大きな柄もある。

型紙

一見生地に染めたような感じだが、これは型紙の画像。これを彫りぬくと言うのは恐るべき集中力だと思う。

こうして苦労して完成させた、まさに芸術品ともいえる伊勢型紙も着物を染めるとだんだんと劣化していく。

いくら綺麗に彫れても、だいたい50反位で寿命を迎える。

ただ、紙の質がよければ100反位いける場合もあれば、悪ければ30反くらいで寿命を迎える場合もある。

平成の世の中になった現在、手彫りの型紙で染めた江戸小紋はまだ現存しているが、その職人の数は随分減ったそうだ。これをお読みの方は、着物に関心のある方だと思いますが、もしご自身の母親や祖母が本物の江戸小紋を持っていたとしたら、それは大変貴重なものです。

着物や帯の中古市場は、現在そのものの価値をあまり評価していません。それこそ一山いくらの世界とも言えます。「着ないから」という理由だけで、よくわからず処分なされる前に、一度着物に詳しい方に、今あるものが一体何なのか?というのを聞いて欲しいなと思います。



スポンサーサイト
...more

Tag:小紋  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる