◆夏の着物  ~絽と紗~

今回は夏の着物・・・と言っても範囲が広いので、盛夏に着る着物、絽(ろ)や紗(しゃ)について考えてみたい。

この絽や紗というのは織り方のことだ。

夏に着るといっても、盛夏ではない6月や9月は透けない単衣(ひとえ:裏地がない着物)や紬を着ると良いとされるが、7月、8月の暑い時期は隙間のある生地を着ると良い。それが紗や絽だ。

竪絽

この画像は絽の着物。竪に隙間があるので竪絽と言う。

反対に横に隙間があるのが横路。下の画像だ。

横絽

少し画面から離れて見た方が分かり易いかも。

次に紗の着物というとこんな感じ。

紗

絽が縦横どちらかの隙間があるのに対し、紗はバランスよく隙間があると言えばよいだろうか。

どちらの着物も裏地をつけない仕立て方をする。紗や絽は盛夏に着ると良いとされるが、紗に関してはそれほど透けなければ単衣の時期に着ても良いと思う。

歴史を少し紐解いてみると、公家では旧暦の4月1日~9月一杯を単衣の時期とし、近世の武家においては5月5日(端午の節句)から9月9日(長陽の節句)までが夏衣装の時節とされた。

一時、テレビや映画でよくやっていた(あのドロドロ加減が受けたのか?)、徳川将軍の大奥では、夏の間でも時期ごとに着る織物が明確に決まっていたそうだ。長くなるので割愛するが、相対的に身分の高い人ほど、単衣の時期が長かったようである。


話を戻すが、絽の着物の歴史ははっきりとは分からないようだが、享保6年(1721年)に、とある呉服屋から奉行所に提出した明細書の中に「呂無地帷子(ろむじかたびら)」とあるのが最も古い記録だと言う。

1800年代の風俗について述べた書物を紐解くと、武士だけではなく町人にも単衣の着物や羽織として広まっていたのが読み取れる。


次に紗の方の歴史を調べてみたが、これは絽よりももっと古かった。正倉院に納められた裂の中に紗の裂地が残っていたのだ。また紗には生地自体に紋様を織り込む「紋紗」というものがあるが、これは現在の着物ではあまり見かけたことがない。(母や祖母の着物であったら貴重品だと思います)

因みに参考資料で挙げた紗の画像は紋紗ではなく、紗の生地に紋様を染めたものです。

次回は別の角度で夏の着物について考えてみます。



Tag:夏の着物  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる