◆小紋について  ~江戸小紋の話 ~ 

一言に着物と言っても様々な種類がありますが、今回は小紋について、その中の江戸小紋について触れたいと思います。

小紋2

小紋とは簡単に言えば、上の画像のような着物全体に同じパターンの柄がある着物のこと。カジュアルな着物と言える。

この小紋を更に分類すると、京型小紋、加賀小紋、そして今回詳解する江戸小紋などがある。

小紋と言えば、「江戸小紋」と連想してしまう着物好きの方も多いと思うが、江戸小紋とは画像のような色をいくつも用いた小紋ではなく、主に一色染の着物で、とても細かい文様がその特徴と言える。代表的な江戸小紋の文様と言えば以下のもの・・・。

◆鮫小紋(鮫の肌のようだから)
小紋・鮫

◆青海波
小紋・青海波

◆毛万 
小紋・毛万

他にも沢山種類はあるが、上の画像は着物に顔を近づけた時に、こんな柄だと分かるもので、遠目で見たら柄の無い、一色染の着物(色無地)に見えたりする。画像をよく見てもらうと分かるが、細かい点が集まって柄になっているのが分かる。(毛万は違います)

江戸小紋のルーツを辿ると、江戸時代の大名の裃の模様として発達した。

藩ごとの特徴がある細かい柄だ。色は藍色でその「渋さ」と「いき」が特徴でもあったことから、だんだんと江戸の庶民の間でも流行していったようだ。

裃

江戸小紋を染める場合、型紙とよばれる模様が掘られた紙を用いて生地に染める。

この江戸小紋に用いられた型紙は、関東で彫られたものではなく、伊勢で彫られた所謂「伊勢型紙」を用いて染められていた。

何故わざわざ遠く離れた伊勢かと言うと・・・と説明しだすと長くなるので割愛しますが、この伊勢型紙を掘るというのは大変手間がかかる作業である。

まず、彫師に頼む前の段階、どうやって型紙の紙を作るのか調べてみた。



①良質な和紙を作る。和紙は不純物のないことが大切。不純物があると彫も染も上手くいかない。

②良質な和紙2,3枚をタテ、ヨコに柿渋で張り合わせる。

③天日で干し、室で燻し、また干して室に入れて型紙用の紙が出来る。


そしてこれが彫師にわたる。ここからがまさに職人の世界。



先に詳解した、細かい点からなる代表的な江戸小紋の文様を染めるには、型紙にこの細かい穴を開けねばならないということ。

当然、穴の大きさにより、道具の刃先の形、大きさが変わってくる。


伊勢型紙道具2

この画像は、もう亡くなられたが、人間国宝に指定された伊勢型紙の彫師、中村勇次郎さんの使った道具の数々を詳解したもの。その道具の数の多さにまず驚く。

また、江戸小紋を染める型紙は大別すると、大、中、小の型があり、それぞれ柄の大きさが違う。江戸時代では大型は風呂敷や油単(ゆたん:箪笥などを覆う布)を、中型は浴衣、小型は着物を染めていた。

今日見かける江戸小紋は、先ほどの細かい柄を思い浮かべやすいが、もう少し大きな柄もある。

型紙

一見生地に染めたような感じだが、これは型紙の画像。これを彫りぬくと言うのは恐るべき集中力だと思う。

こうして苦労して完成させた、まさに芸術品ともいえる伊勢型紙も着物を染めるとだんだんと劣化していく。

いくら綺麗に彫れても、だいたい50反位で寿命を迎える。

ただ、紙の質がよければ100反位いける場合もあれば、悪ければ30反くらいで寿命を迎える場合もある。

平成の世の中になった現在、手彫りの型紙で染めた江戸小紋はまだ現存しているが、その職人の数は随分減ったそうだ。これをお読みの方は、着物に関心のある方だと思いますが、もしご自身の母親や祖母が本物の江戸小紋を持っていたとしたら、それは大変貴重なものです。

着物や帯の中古市場は、現在そのものの価値をあまり評価していません。それこそ一山いくらの世界とも言えます。「着ないから」という理由だけで、よくわからず処分なされる前に、一度着物に詳しい方に、今あるものが一体何なのか?というのを聞いて欲しいなと思います。



スポンサーサイト
...more

Tag:小紋  comment:0 

着物と桜

「日本の花と言えば?」と聞かれれば桜をイメージする人も多いのではないだろうか?

今回は桜について、もっと言えば日本における桜の文様について考えてみた。

古くから日本人に愛されてきた桜。歴史的に見れば奈良時代の万葉集の中に、既に桜の歌は詠まれている。しかし、この時代はまだ桜より梅が好まれていたようだ。前述の万葉集では桜より圧倒的に梅を詠んだものが多い。

これが平安時代の古今和歌集になると、梅と桜の立場は逆転し、圧倒的に桜を詠んだ歌が増え始める。

これは奈良時代に好まれた文化が中国の模倣であったものが、平安になり(遣唐使の廃止が契機)だんだんと自国で文化が育てられるようになったことが関係している。

古くから日本人に愛されてきた桜だが、桜の文様が着物に現れるのは桃山時代になってからだ。調べてみて知ったが意外に遅いと思った。これは桜のもつ雰囲気が、全体で掴まないと困難であったからだろう。

清少納言は枕草子で、「絵に描きおとりするもの なでしこ 菖蒲 桜 物語にめでたしといひたる男・女のかたち」と述べている。

ようするに絵に描くと実物より劣るのが、なでしこ 菖蒲 桜 物語では立派と言われる男や女の容貌という意味だ。

言われてみれば、桜の幹、枝、そして密集した美しい花を、前例を知らない状態で絵や文様で表現せよというのはカメラもない時代では難しいと思う。

桃山時代になり、染織物に現れた桜は、桜の木全体ではなく花弁の部分に着目し、花自体を俯瞰したかのような一つの図形としてアレンジし取り入れるようになった。

当時の能装束にそれは見受けられるが、自然の姿の桜ではないため、それほど季節感は感じられない。桃山時代の職人の自由さを感じる美しい文様だ。

能装束

 
これが江戸時代になり、だんだんと現代に近づくにつれ、着物に用いられる桜の柄は、より自然の姿に近いものとして描かれるようになった。
 
よく、桜の文様の着物はその時期しか着れないのでは?と聞かれることがあるが、これは半分正解、半分不正解だと思う。

描かれた桜がより写実的な場合は、季節を感じてしまうので春しか着れないと思うが、桃山時代のように桜の花弁に着目し、その他の文様としてアレンジしてあれば、もう季節感は関係なくなると思う。


もう少し分かり易く言えば、花弁だけなのか、あるいは花弁プラス枝や幹なのかで、季節感が出るかどうかが決まるということです。

Tag:着物  comment:0 

◆家紋の話 その2 「一番有名な家紋について」

家紋に興味がない、自分の家の家紋について考えたことがないと言う人でも、この家紋を知らないと言う日本人は、殆どいないと思うのが菊の御紋だ。所謂「菊花紋」である。

菊紋
(皇室の紋 花弁が16枚)

天皇や皇室を表すこの菊花紋。今回のブログの為、分かる範囲でこの紋について調べてみた。

まず驚いたのは、最も古い天皇の御紋章は菊花紋ではなく「日月紋」であったことだ。この紋に菊花紋が加わったのは平安末期。

後鳥羽上皇が菊花を特に愛され、それらを文様にして用いたのが始まりで、鎌倉中期には皇室の御紋章として認められた。

菊の家紋のモデルは日本原種の菊ではなく、中国から入ってきた大きく豪華な菊がモデルというのが有力な説だ。菊の紋はバリエーションも多く花弁の数の違いや、他の紋と融合したようなものもあった。

家紋 菊5
(花弁が12枚)

家紋 菊4
(三つ巴と融合した感じ)

皇室の紋から派生したバリエーションの多さにも驚いた。一般に使用したりアレンジを加えても良いのかと思いつつ、よく調べてみれば、明治に禁止令が出るまで菊花紋を使ってはいけないということはなかったようだ。江戸時代までは、割と自由に使われたりアレンジが加われていたと分かった。

と言うことは、菊紋を下賜された訳でもないのに、家紋が菊紋(アレンジ含む)になっているという家が、全て皇室と所縁があるという訳ではなさそうだ。

話は戻るが、皇室の本来の紋が日月紋というを知った時、なるほどなぁと思った。太陽は天照大神であり、日の出から日没までを治める。月を表す月読命(つくよみのみこと:天照大神の弟神)は日没から日の出までを治める。

日月紋とは全てを治めるという意味があるのだろう。家紋と言うのは調べ始めると面白いなぁと思います。



Tag:家紋  comment:0 

◆家紋の話 その1 「そもそも家紋とは?」 

着物には様々な種類がありますが、ものによっては着物に家紋を入れる場合があります。

着物に入れる紋については、描き紋や刺繍紋などがありますが、その解説をする前に「そもそも家紋とは?」について考えてみます。

私のような着物に携わっている人間にとっては「家紋」とは馴染みがあるものですが、「着物に関心がない」と言う方の中には、「自分の家の家紋を知らない」という人も多いのではないのでしょうか?

獅子紋

そもそも家紋とは家の屋号(名字)を図柄で表したものです。

歴史を紐解けば、紋が使われ始めたのは平安後期頃。始めは貴族などが御所車などに使い始めました。

これが鎌倉初期頃(武家の時代)になると、武士が戦場で用いるようになる。この頃の紋の種類は今ほど多くなく、整備もされていなかった。

やがて時代と共に種類も増えていくが、貴族は優雅な紋を、武士は戦場でも見極めやすい簡明なものを好んだ。

江戸時代になると原型と呼ばれる紋が350種類位になる。この時、既に紋から家を直ぐに判断できるように「紋帳」という本も出始める。

そしてここからだんだんと庶民に広まっていくが、様々な形に派生(複合、分裂、部分部分での変化など)していき、現代では20000種以上発見されている。

また、家紋と言うのはその代で決められたものもあるが、御下賜(ごかし)、即ち身分の高い人物から功績を認められて頂いた紋もある。これを「下賜紋」と言う。家紋を下賜することは家を同じくすることであるから、重大な意味を持つ。

「女紋」というものもある。これは女系の紋のことで、一戸の家で言えば母方の紋という意味だ。

家紋とは、単なる文様で片づけてはいけない。その図柄は美しさやカッコよさ、ユニークであり独特な味もある。優れたデザイン性もさることながら、その膨大な数は世界的に見ても異例と言える。

そして何より「家の歴史」と結びついているのが凄い。

一つ一つ調べれば、何故そのようになったのかという理由・背景・先祖達の職業なども見えて来るのです。



Tag:家紋  comment:0 

◆振袖について 「そもそも振袖とは?」 

着物と言われて想像すると、成人式の時に女性が着る振袖をイメージする人は多いのではないでしょうか?

今回は振袖について考えたいと思います。そもそもですが、振袖とは何でしょうか?

振袖画像


諸説ありますが、歴史的な背景を言えば振袖の原型は室町時代の小袖と云われております。


その後、桃山時代に大流行した辻が花染めなどの技法を経て、小袖は華やかな「きもの」に発達しました。


平和が続いた江戸時代あたりから袖丈が徐々に長くなり絢爛豪華な振袖が誕生しました。


今日の振袖の技法は此の時に大きく前進しました。


宮崎友禅斎が創始した華麗な友禅染を始め、箔置、刺繍、型染めなど次々と新たな技術が生まれ発展してきました。


そこには彼ら一流の名も無き職人達の妥協無く「美」を追求する歴史があったのです。


そんな長い歴史の積み重ねを経て今日の振袖があります。


きものには様々な種類があります。黒留・色留・黒紋付・色無地・訪問着・付下・小紋・浴衣などなどです。


その中で振袖は未婚の女性が着ることが出来る、世界にも稀な最も美しく贅沢な民族衣裳なのです。


世界には数多く民族衣装があります。


そのどれもは、現地の人達以上に他国の人が着こなすことは出来ないと思います。


それは国ごとの個性や、歴史、民族性や精神性がそれぞれ違うからです。


日本に置き換えて言えば、振袖は若い日本人女性が一番美しく輝く、世界に誇れる民族衣裳なのです。






Tag:振袖  comment:0 

主に着物に関するブログ

私は名古屋市西区で紅葉屋呉服店という着物屋を営んでいます。

現在の場所では私の祖父からの商いなので私で三代目。

この「紅葉屋」という屋号は祖父が暖簾分けしてもらったもので、大本の紅葉屋は名古屋の歴史を紐解くと登場する、有名な方が江戸時代から商売を営んでいた。

尊皇だ!攘夷だ!と言われていた時代、紅葉屋の番頭さんが、店頭で尊皇派のお侍に斬られたという紅葉屋事件というのが残されていたりする。

私は趣味で寺社参りをよくしているが、今まで訪れた寺社についての感想をブログにしていたが、この度、自分の仕事でもある、主に着物(出来れば茶道も)について、今一度掘り下げ学ぶつもりで新たにブログを始めることにした。


(正直に言えば、店の宣伝も少しはするつもりです)


誰かが読んでくれるのを期待してブログを始める訳ではないが、着物や和の文化に興味のある方が、ちょっとでも参考になれば嬉しいなぁと思います。

Tag:着物  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる