◆袖丈を短く

振袖の袖丈を短くしてほしいとの依頼。

柄が大きいので、今回は短くしてもおかしくない位置で袖を切りました。

振袖・袖丈直し①

通常の着物の袖丈よりは少し長くなっています。

振袖・袖丈直し②

このお着物は他店さんで買われたものですが、依頼を承りました。

当店ではこのようなこともやってます。

着物に関することでお困りでしたら何なりとおっしゃって下さい。

見積り出します。



※紅葉屋呉服店はこちら




Tag:着物・加工業務  comment:0 

◆振袖お手入れ

振袖のお手入れをしました。

しみ抜きとも言いますが、着物の場合、丸洗いをするよりは、汚れた箇所だけを綺麗にすることも多いです。

寛文小袖1

こちらはお母様の振袖を、娘さんの成人式に着せたいとのことで預かったものです。

寸法が合わない場合は、直す場合もありますが今回のケースではそんな心配もなかったです。

長襦袢、袋帯も併せてお手入れ。

寛文小袖2

当店で販売した文化財復元小袖の振袖です。寛文年間の文様を意識して染められています。

帯締・帯揚・重ね衿などの小物のみ新調しました。


振袖ですが、総柄の小紋のようになっています。力強い着物ですね。

着物のお手入れ・寸法直しは他店で買われた着物でも承っております。

どうぞ気軽に声を掛けて下さいませ。

見積り無料です。


※紅葉屋呉服店はこちらまで

Tag:着物・加工業務  comment:0 

◆漆器の修理

推定琉球の漆器。時代は分かりませんが古いものです。

琉球花台修復前1

お客様から、剥がれそうな漆の箇所を直して欲しいとの依頼。

琉球花台修理前2

更に拡大すると・・・

琉球花台修理前3

触るとボロボロと剥がれてきます。ここ以外はそれほど傷んでいません。

琉球花台修理前4

足元の台部分は、四方とも草と花をあしらった柄になっています。上の画像は剥がれた箇所の反対側になります。

この場合の修理は一度綺麗に剥がしてから漆を塗り、元の絵を真似て描きます。

琉球花台1

こちらが修理後のもの。

琉球花台5

拡大します。

直し方としては古色仕上げにしました。元々の古い色に合わせて仕上げます。

琉球花台3

琉球花台4

修理前は角の花模様も落剝していましたが、ぱっと見ただけでは殆ど分からない位になりました。

当店ではこんな注文も承ります。見積もり無料です。

紅葉屋呉服店はこちら



Tag:古美術  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる