FC2ブログ

◆伊万里に見る不思議  第二回

前回のブログで、古伊万里の絵皿に不思議な玉があったと紹介しました。

分からず終いで終わるのかと思いきや、本人もビックリの3例目が見つかったので検証したいと思います。まさかこの内容のテーマで続くとは思いませんでした。

IMG_5007.jpg

我が家では天神様(菅原道真公)をお祭りしております。学問の神様なので、当店のお客様でご存知の方は、お子さんやお孫さんが受験シーズンになると、皆さまでお参りにこられる人も少なくありません。
 
 
愛知県にも有名な天神社はありますが、そこを知っていても紅葉屋にお参りに来るので、

「良いのですか?うちで」

と尋ねると

「ここは姿を見て、間近でお参り出来るので効きそうな気がする」

と言う事です。

「合格できた!」

とお礼参りに来る方もいらっしゃいます。



さて、画像の古伊万里ですが、これは赤絵の御神酒徳利(おみきとっくり)と呼ばれているものです。天神様にお供えしております。その名の通り、人間が酒を飲むときに用いる徳利ではなく、神様にお供えする際の徳利です。
 
 

最近、この徳利の裏面にも、前回ブログにて紹介した「亀」と「恵比寿」の古伊万里皿にあった、「玉」のようなものがあると知りました。

IMG_5008.jpg


これがその徳利の裏面です。表面はというとこうなっています。

IMG_5005.jpg

幔幕に桜の画があります。

こういうものは何となく画かれたものではありません。


現代人にとっては「花と幕」位にしか思えないですが、この古伊万里が作られた江戸時代の人達は、この画を見れば直ぐにこの徳利が何かを理解出来たのです。


昔から日本人に馴染みのあった花と言えば、桜と梅です。

梅に関係する神様、梅と言えばこの神様を連想すると言えば、前述の天神様、菅原道真公です。


この徳利に画かれた花が梅であれば、天神様を表す、又は天神様に供えた徳利と言うことです。


しかし、桜であればそれは「八幡太郎義家」を指します。本名は源義家で子孫に源頼朝がいます。

八幡宮で元服をしたので八幡太郎義家と呼ばれたそうです。武勇誉れ高い神格化された武将でもあります。


この御神酒徳利が桜だとすると、八幡神に供えられた徳利の可能性もあります。


何れにせよ、神様に供える徳利が御神酒徳利ですから、幔幕に桜(梅)の画は八幡神(又は天神様)を表します。

そして真後ろに謎の石です。観察するにこれは玉と言うより石のようです。

IMG_5009.jpg


神社の御神体と言うのは、お寺の仏像と違い、まず一般人がその姿を見れることはありません。

神道の考え方では、神の姿を見てはならないと言われるからです。

しかし、神社によっては調査もあり、御神体の姿が確認出来ているものもあります。

古い歴史のある神社や、大きな神社には神像や剣や鏡が御神体になっています。

色々なパターンがある神社の御神体ですが、中には石そのものが御神体になっていることもあります。


例えば名古屋市名東区に、「猪子石」と呼ばれる不思議な塚(?)がありますが、雄石と雌石と呼ばれるものが存在します。

二つの石はそれぞれ離れた位置にあり、石はむき出しで屋根もない状態で祀られていました。

雄石は触ると罰が当たり、雌石は触ると子宝が授かると言われているものです。あの石は神が宿る御神体として地域の人に守られていました。


神道は自然そのものが、自然のあちこちに神が宿るとされてきました。山や海、川や湖、森や木、あらゆるものに神は宿るのです。

そして人によって建てられた神社の御神体は、この石そのものを祀ることもあるのです。


そう解釈した時、この御神酒徳利の石は、神が宿る御神体が依る「依り代」を表しているのだと思いました。

御神体ゆえにその上には幔幕があるのです。


今回はこの辺で終わりたいと思います。



※紅葉屋呉服店はこちらまで



スポンサーサイト

Tag:古美術  comment:0 

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる