◆唐織宝尽袋帯

昔当店で販売した唐織宝尽文袋帯。

宝尽袋帯①


宝尽とは、文字通り宝物を並べた文様の事で、縁起の良い吉祥模様と云われています。

古くは中国の元・明代の青花や釉裏紅にも見られる文様です。


日本では「如意」「宝珠」「宝鑰」「小槌」「金嚢」「隠れ蓑」「隠れ笠」「丁子」「花輪違」「金函」「砂金袋」「巻物」などで構成されていますが、画像の様に上記の文様を基本にしながら「鶴」や「珊瑚」等も入ることがあります。他にも七宝文や霊芝文など様々なパターンがあります。

宝尽袋帯③


唐織とは、元々は中国から日本の輸入品です。時の将軍、足利義政の頃、武家の作法や心得記した書物「宗五大艸紙(そうごだいそうし)」に登場します。

 
日本で唐織が織られるようになったのは元亀年間(1570~1573年)前後と云われます。織田信長の時代、安土桃山時代ですね。


桃山時代でも貴重・高級品とされ、秀吉の晩年においても唐織の着物は上級武家間の贈答品とされていたとの記録も残っています。上杉謙信も胴服を所持していました。


ようやく庶民の方にも出始めたのは江戸時代になってからです。
 

唐織はふわっとした柔らかい感じがその特徴で、気品と風格のある個人的にも大好きな織物です。


画像の帯を買われたお客様も大変気に入り、大切になさっています。


唐織はその織り方の性質上、着付けをする時には指輪や時計は外すようにして下さい。引っかけやすいのです。

宝尽袋帯②


今回の依頼は引っかけてしまった帯の直しです。直した画像はありませんが綺麗になりました。


当店ではこんな唐織の帯や、帯の直しも承っております。


Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる