◆唐織袋帯2

唐織と聞くと能装束を思い浮かべる人もいると思います。

能装束

能装束は、小袖物、広袖物、袴物、被り物、付属小物に分類できますが、唐織は小袖物に属します。

小袖物は唐織の他に、刷箔、白練・白綾、熨斗目、厚板、縫い箔などがあります。

それぞれ役割毎に割り当てられますが、唐織は女性の表着として老若・貴賤を問わず用いられます。最も豪華な能装束と言えます。若い女性役の時は紅色が際立つものを、年配の女性の場合は渋めの色を着ます。

唐織復元

能装束では表着として織られている唐織ですが、当店ではこの唐織を帯に復元して販売しております。

唐織袋帯①

籠目の文様に秋草・菊をあしらった文様です。

実を申せば、この画像の「籠目秋草文唐織袋帯」は随分昔に販売したもので、結婚された方の娘さんが成人式を迎えるにあたり、この帯を振袖とともに着たいとのことで、メンテナンスを兼ねて預かったものです。


親子とも大変気に入り、今まで何度もしめたとおっしゃっていました。(しわはそのため)有難いことです。


画像では伝わり難いかもですが、本歌の唐織衣装を忠実に再現したもので、色、文様、織り方など徹底的に拘った美しい帯です。今見ても全く古さを感じません。


今では再現できない袋帯と言えます。


唐織袋帯②


当店では僅かですが、現在では二度と出来ない唐帯袋帯を扱っています。


スポンサーサイト

Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる