◆兎の古伊万里皿

草木と兎が2羽描かれた古伊万里の小皿。

古伊万里兎皿1

菓子器に丁度いい大きさです。時代は江戸後期。この頃の古伊万里皿は絵の面白さにある。


古伊万里兎皿4

裏面。

古伊万里兎皿5

志田窯で焼かれたものか。

さっと引いた線にも勢いがあります。


古伊万里兎皿2


この古伊万里の皿の縁は珍しい造りになっています。

縄目のような跡があるのです。

古伊万里の皿は何度か見ましたが、こうなっているのは初めてです。

この小皿。見所は何と言っても二羽の兎でしょう。草木に隠れるように岩の上に座っているのですが、じっくり観察してみると絵師がこの絵に込めた遊び心が見えてきました。

古伊万里兎皿3

手前に横向きの兎。そしてその奥に正面を向いた兎がいます。正面を向くというのも大変面白い構図で、目玉が飛び出ているようです。

これだけでも秀逸ですが、よくよく見ていると後ろの兎は手前の兎のお尻の匂いを嗅いでいるようです。

そう思うと、匂いを嗅がれている兎は、耳が下に垂れており、前後の足も緊張しているのか不自然に揃っています。

敵の気配を感じ草木に隠れているのに、後ろの兎はお構いなしに匂いを嗅いでいるという構図に見えてきました。

手前が雌、奥が雄かもしれないですね。「もうやめて!」と言う声が聞こえてきそうです。


こういう物は、読み手の想像力によって楽しめるものかと思います。


昨今は「Me Too・・・」運動が世界的になっていますが、日本でも問題が連日起こっています。

「禁忌(タブー)の茶会」というのをもしやるのなら、これ意外に重宝するお道具になるやもしれません。(どんな茶会?)



※紅葉屋呉服店はこちら




スポンサーサイト

Tag:古美術  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる