◆ふくれ織 名古屋帯

当店で扱っている名古屋帯です。(売約済)


ふくれ織名古屋帯①


銀・金箔を用いたふくれ織とよばれる技法の名古屋帯です。

袋帯は正装、名古屋帯は略式などとざっくり分けて考えますが、それも柄によりけりかと思います。

画像のような名古屋帯は、今日ではなかなかお目にかかれないほど凝ったものです。

遊び着はもちろんですが、色・柄によっては訪問着でも行けます。


ふくれ織名古屋帯②


鳥の部分を拡大してみました。

明らかに日本の古典柄とは違います。日本の古い文様ではないのです。


実はこの帯の柄、インドの古い更紗の柄を名古屋帯にアレンジしたものです。

インド木綿2

奈良の正倉院にも繋がってきそうな柄です。このインド更紗は更紗の上に金粉の括りを施した金更紗の古布です。

インド木綿3

こちらもインドの金更紗。人物文です。王族か、あるいは仏教から引用された何かの昔話かもしれません。
 
更紗自体は染物ですが、これを日本の帯職人は織で再現したのです。


ふくれ織名古屋帯③


アレンジの仕方も派手過ぎず、渋過ぎず秀逸です。

今、このような名古屋帯は本当に見かけなくなりました。

名古屋帯は小紋と同様、思いっきり楽しんで良いと思います。

当店では、こんな感じの着物・帯を扱っております。

文化財復元小袖の紹介でした。


※紅葉屋呉服店はこちら





スポンサーサイト

Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる