FC2ブログ

◆家紋の話 その2 「一番有名な家紋について」

家紋に興味がない、自分の家の家紋について考えたことがないと言う人でも、この家紋を知らないと言う日本人は、殆どいないと思うのが菊の御紋だ。所謂「菊花紋」である。

菊紋
(皇室の紋 花弁が16枚)

天皇や皇室を表すこの菊花紋。今回のブログの為、分かる範囲でこの紋について調べてみた。

まず驚いたのは、最も古い天皇の御紋章は菊花紋ではなく「日月紋」であったことだ。この紋に菊花紋が加わったのは平安末期。

後鳥羽上皇が菊花を特に愛され、それらを文様にして用いたのが始まりで、鎌倉中期には皇室の御紋章として認められた。

菊の家紋のモデルは日本原種の菊ではなく、中国から入ってきた大きく豪華な菊がモデルというのが有力な説だ。菊の紋はバリエーションも多く花弁の数の違いや、他の紋と融合したようなものもあった。

家紋 菊5
(花弁が12枚)

家紋 菊4
(三つ巴と融合した感じ)

皇室の紋から派生したバリエーションの多さにも驚いた。一般に使用したりアレンジを加えても良いのかと思いつつ、よく調べてみれば、明治に禁止令が出るまで菊花紋を使ってはいけないということはなかったようだ。江戸時代までは、割と自由に使われたりアレンジが加われていたと分かった。

と言うことは、菊紋を下賜された訳でもないのに、家紋が菊紋(アレンジ含む)になっているという家が、全て皇室と所縁があるという訳ではなさそうだ。

話は戻るが、皇室の本来の紋が日月紋というを知った時、なるほどなぁと思った。太陽は天照大神であり、日の出から日没までを治める。月を表す月読命(つくよみのみこと:天照大神の弟神)は日没から日の出までを治める。

日月紋とは全てを治めるという意味があるのだろう。家紋と言うのは調べ始めると面白いなぁと思います。



スポンサーサイト

Tag:家紋  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる