◆暑い時期こそご注意

連日暑い気候が続きます。

人にとっても大変ですが、それは同時に着物にとっても大変なことです。

人は暑くなれば、エアコンをつけたり涼しい場所へ避難出来ますが、着物は自力では動けません。


私が小学生の頃、今から30数年前の夏、思い出してみるとテレビのニュースで「本日は真夏日です」と言うと、気温が30度とか31度でした。それでも暑いなと思っていましたが、現在の真夏日と言えば地域によっては40度を超えることもあります。

平均しても昔と比べて7,8度は上がっているのではないでしょうか。

そしてこの暑さをさらにしんどくさせるのが、湿気です。


日本の夏は高温多湿の季節です。


これは着物の保管においても十分気をつけねばなりません。着物を着る人でも冬物などは箪笥に入れっぱなしでしょうし、着ない人に至っては、そんなシーズンを何度繰り返しても、引き出しを開けたこともないという状況かと想像します。

あまりにも湿気が籠ると、着物にカビが生えることもあります。


紅葉屋では6月~9月頃までは着物を保管している箪笥、衣装ケースに乾燥剤を入れることをお勧めします。

乾燥剤

着物の保管の胆は除湿です。防虫剤に関してはそう神経質にならなくても良いかと思います。


絹の着物はあまり虫も好みませんし、防虫剤の併用によって事故が起こることもあるからです。


ひと昔前の着物は凝ったものも多いです。今となっては入手出来ないものもあります。着物の文化財になりうる物もありますが、着ないからという理由で箪笥に入れっぱなしになると、着物は傷みます。

この夏はぜひ乾燥剤を入れて下さいませ。


また、着物を保管する部屋は、その畳数に合った除湿器を入れることを推奨します。

除湿器

当店でも在庫を管理する部屋は、着物保護のため除湿器を入れておりますが、半日も経つと水が驚くほど溜まります。

また、高すぎる湿度は和装の草履などにもダメージを与えることがあります。

昨今の暑さは昔の人もビックリする程異常ですので、着物(大切な衣類)の湿気対策には十分ご注意下さい。


これをご覧の皆様も、熱中症にはお気をつけ下さいませ。



※紅葉屋呉服店はこちら


スポンサーサイト

Tag:着物保管  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる