◆鱗龍文浴衣 (男物)

男物の浴衣をご用命頂きました。ありがとうございます。

女性と比べると、どうしても種類では少なくなってしまう男物浴衣。

当店では予め出来上がっている浴衣もなくはないですが、反物を選んで頂いて仕立てる方をお勧めしています。

やはり、その人の寸法にあった物の方がしっくりくるからです。


小紋や浴衣は楽しんで選んでなんぼだと思いますが、そんな中でも紅葉屋の好み、紅葉屋の目線で美しい、力強いというものを浴衣でもご提案しています。
 

今回は、お客様が個性的な浴衣を探されていたので、お客様のご希望を聞きながら紅葉屋目線で浴衣を選ばさせて頂きました。

龍の浴衣③

黒地と言うか、濃紺と言うか、黒っぽい地色に渋い緑色の龍文の浴衣です。

只の龍文ではなく、三角形の龍です。三角が並んだ文様を鱗文と言いますが、これは厄除けを意味します。何の鱗と云われると諸説あるようですが私は蛇かと思います。
 

神道最大の謎と云われる御神器に十種神宝(とくさのかむたから)がありますが、その中に蛇比礼(おろちのひれ)というものがあります。古事記に登場する蛇比礼は大国主命が群がる毒蛇から身を守る時にこの比礼(古い言葉で布のこと)を振ったところ、毒蛇は退散し、事なきを得たと言うものです。
 
昔から蛇は怖いという印象もありますが、脱皮をする神秘性、あるいは蛇比礼の話から見るように、強力な厄除け、障り除けという意味があるのです。
 

この浴衣は三角形の部分が全て龍になっています。しかし、その龍の文様を一つ一つ観察すると、様々な龍があしらわれていると分かります。
 
龍の浴衣④
 
龍は、ブリとかハマチとかの出世魚と似ていて、成長段階で名前が変わります。また龍にも種類があります。
 
龍の浴衣②

これは良く見ると珍しい剣を持った龍。おそらく元の形は俱利伽羅龍(くりからりゅう)でしょう。不動明王が持っている剣のことですね。
 
龍の浴衣①

そしてちょっと珍しいのがこの龍のデザイン。

龍の形がまだ定まっていない感じです。

この龍、実は家紋の中にもあります。

雨龍

 
先ほど、出世魚のように名前が変わると言いましたが、これ実は龍の子供で「雨龍(あまりゅう)」と言います。

龍は水の性質を持つ神です。
 
雨龍とはこの水をイメージさせる姿になっているのです。龍の子供はまだ形が親ほど定まっていないということなのでしょう。


この浴衣を勧めたところ、お客様も気に入って頂けました。後日、この浴衣に合う織の変わった角帯、これがまた蜂比礼を思わせる配色で、鱗のようなパターンの織になっていました。
 
 
雪駄も印伝風の鱗文でお勧めさせて頂きました。
 
 
紅葉屋では、こんな感じの着物が好きで取り扱っております。


※蜂比礼(はちのひれ)・・・古事記に登場する謎の御神器。蛇比礼と対になる。大国主命が毒蜂に囲まれた時に用いた。


※紅葉屋呉服店はこちら

 

 

スポンサーサイト

Tag:文化財復元小袖(当店の着物)  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる