FC2ブログ

◆伊万里に見る不思議。

今回は古伊万里についてのお話です。

専門的な細かい話は他に任せますが、気になったことがありました。

画像は江戸後期、志田窯と呼ばれる窯の古伊万里です。

亀の伊万里


志田窯はこのような吉祥の文様や、変わった図柄が多いです。

個人的には綺麗に画かれた細かい模様の古伊万里よりも、志田窯のような伸びやかで勢いのある線の画の方が好みです。

また、面白い絵の方が尚楽しいですね。


画像のものは亀に太陽という珍しい絵になっています。垂直に頭を立てているのも面白いですが、何より顔が良い。生きています。
 
 
ついつい見とれてしまいますが、この亀の古伊万里、足元に妙なものがありました。

亀の伊万里部分


・・・玉です。

観察するに、玉は水の中にあるようです。これが海なのか、それとも川なのかはこれだけでは分かりませんが、おそらく海かと思います。
 
 
古伊万里の絵皿はそれなりに勉強したり、実物をいくつも見てきましたが、水の中に玉があるのは記憶にありません。
 

「一体何だ?これは?」
 
 
と思った翌年、似たようなものが画かれた古伊万里の皿を見ました。
 
 
恵比寿伊万里①
 

恵比寿の古伊万里です。
 
 
恵比寿様は大黒様と対で祀られることが多い神さまです。大黒様は小槌を、恵比寿様は竿と鯛を手にしています。

この古伊万里は、恵比寿様が鯛を釣った瞬間のものです。

嬉しくて小躍りしているかのような恵比寿様。

対して「しまった!」と言っているかのような鯛の顔が秀逸です。

恵比寿伊万里②

見ていて楽しい一枚ですが、よく見たらこれにもあの謎の玉がありました。

恵比寿伊万里部分

亀の古伊万里でこれを発見した時は、呉須(ごす:藍色を出す鉱物)が垂れたのをごまかしたのかも?と考えましたが、二例目が出たと言う事は、あの玉は故意に画いたと言うことになります。
 
 
亀と恵比寿。違うものですがどちらも縁起が良いことと、玉が画かれたのは水の中という共通項があります。

恵比寿の場合は鯛を釣っているので完全に下は海です。
 
 
亀では海か川なのかはハッキリしませんでしたが、恵比寿の皿が出てきたことで玉は海水の中にあるということが分かりました。

海の中にある玉と言えば、古事記に出てくる海幸山幸の神話にある、海の潮の満ち引きを自在に操るという「塩満珠・塩乾珠」が筆頭として浮かびました。
 
 
この二枚の絵柄を観察するに、どちらも玉は画かなくても良い作品です。なくとも成立しています。

私は過去にこの皿とは違う、古伊万里の恵比寿と鯛の皿を見たことがありますが、それには足元に玉はありませんでした。
 
 
という事は恵比寿の図像に玉は必ずしも要らないということです。
 
 
この二枚の皿は同じ作者なのか?

それは自分が描いたというサインなのか?

あるいは何かしらの意味があるのか?

それとも誰かの注文で謎の玉を描いたのか?


考えれば考えるほど不思議です。
 

「不思議」という文字は「思っても議論してもいけない」と言う意味かと思います。

謎は謎のままそっとしておくのも良いかもしれません。



※紅葉屋呉服店はこちら





スポンサーサイト

Tag:古美術  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる