スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

◆伊万里に見る不思議  第六回  

遠藤周作原作の映画「沈黙」を最近観ました。

後世に残すべき名作映画かと思いますが、弾圧された切支丹や宣教師の姿はあまりにも悲惨で辛くなりました。
 

菊柄文古伊万里皿の最後に気になった個所について考察します。

先ずその前に某所に残っていた、伝切支丹観音について見ていきましょう。


切支丹九面観音①

時代は不明ですが、おそらく江戸~明治期のものと思われる観音菩薩像です。一見十一面観音のようですが化仏の数を数えると九面しかありません。そしてなにより十一面観音には絶対にない花が頭上にあります。


切支丹九面観音②

この像が伝わった方にお聞きしたところ、この花はパライソ、ポルトガル語で天国を表すそうです。

因みに花の下にぶら下がっている巾着みたいなものは心臓です。

現代では好意や愛情を表現するのに💛マークを用いますが、キリスト教での心臓は神の無限の愛(アガペー)なのです。

💛マークの意味を辿るとどうもこれに行く着くようです。

この観音像が切支丹観音であるなら、九面にも何か意味があると思えますが現状では不明です。

切支丹伊万里菊皿②

菊文古伊万里皿に話を戻します。

私が着目したのは一番上に描かれた横向きの花です。

切支丹伊万里菊皿④

日本の美術品の意匠には菊はよく見られますが、なかなか真横から描かれた礼は記憶にありません。

そして上の画像ですが、よく見ると花を支える茎が無いのです。

この花だけ宙に浮いているのです。

私はこの花が実はパライソを表現しているのでは?と思いました。

横向で描かれた菊は、大変手抜きと言うか、見ようによっては菊以外の花にも見えます。

例えば薔薇にはキリスト教では殉教や聖母マリアを表すそうです。敢えて何か分からない花を描くことで、見た人にそれが何かを想像させるという意味もあるのかもしれません。


何の気なしにこのブログで紹介しようとした古伊万里皿。

一つの気になったこと、「丸い玉」について考察してきましたが、まさかまさかの展開になり大変驚きました。

これを機に改めて切支丹関係の本を読んだり、映像に目を通しましたが、本当に辛く悲惨なのが潜伏切支丹の歴史です。

最近では長崎の潜伏切支丹の遺物が世界遺産に登録されましたが、今回の考察を経て本当に良かったなと、後世に残さねばならない、二度とあってはならない歴史だなと深く感じた次第です。


当店には古田織部所縁の茶室、瑠須庵を復元したものがございますが、こちらは切支丹茶室になっています。マリア観音も残っていますが今後は見る目が変わりそうです。

最後までお読み頂きありがとうございました。


※紅葉屋呉服店はこちら




Tag:古伊万里  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。