~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆袋帯のお手入れ

袋帯のお手入れを御用命頂きました。ありがとうございます。小さな丸い点々とした汚れが何か所かありましたが、綺麗になったと思います。モール織とあります。同様のものは戦国時代にはあったようです。珍しい織物だと思いますので、大切になさって下さい。当店では他所のお店で購入した物でも、お手入れなどは行います。お困りの際は気軽に声をかけて下さいませ。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆振袖と長襦袢のお手入れ

振袖と長襦袢のお手入れを御用命頂きました。ありがとうございます。迫力のある柄ですね。赤色は勢いがあります。赤色には魔除けと言う意味もあるとか。長襦袢です。桶絞りの入った長襦袢ですね。最近ではコストの面からも、あまり見なくなりました。衿も綺麗になっております。お着物の事なら何なりとおっしゃって下さいませ。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆黒留袖の仕立て直し

黒留袖の仕立て直しを御用命頂きました。ありがとうございます。昔購入した黒留袖で、今回着るに辺り身幅を広くしたいと言う事でしたので、一度解いて反物の状態にし、洗い張りを行い仕立て直しすることになりました。  上の画像は仕立て済みの黒留袖を解いた状態です。この後反物の状態に仮縫いし、洗い張りを行います。全体的に経年による汚れもありましたので、これを綺麗にすることも目的となります。こちらが洗い張りを行い...
記事の続きを読む
0 コメント

◆弁天箱の内「蛇比禮」と「蜂比禮」

弁天箱の内、蛇比禮(おろちのひれ)と蜂比禮(はちのひれ)の御用命を頂きました。ありがとうございます。弁天箱とは三河出身の祖母が持参した不思議な箱で、当店ではこれのレプリカを作成し、販売しております。無論、使い方も伝授致します。  詳しくはこちらをご覧くださいませ。蜂比禮と・・・蛇比禮です。中身は諸事情により省略させて頂きますが、ちゃんと入っています。基本、13個の箱を用いて使うもので、その中の2つと...
記事の続きを読む
0 コメント

◆振袖と長襦袢のお手入れ

振袖と振袖用の長襦袢のお手入れを御用命頂きました。ありがとうございます。お母様の振袖を娘さんが着られました。ママ振りですね。こちらの御振袖、昔当店でお求めになられたものです。白生地(何も染まっていない白い反物)をお買い上げいただき、京都で染めたものです。今時の振袖にはないものかと。丁寧に染められています。こういった着物は手放したら最後、二度と同様のものは出来ないです。大切に受け継いで頂けてるようで...
記事の続きを読む