~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆色無地染め

色無地の染めと仕立てを御用命頂きました。ありがとうございます。紫系の色で染めさせて頂きました。単衣の着物ですので、裏地や八掛はありません。色が随分違って見えますが、同じ着物の拡大画像です。紅葉屋では色無地の染めも行っております。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆黒紋付

黒紋付(喪服)を御用命頂きました。ありがとうございます。冬用の黒共帯です。夏用の黒紋付です。黒色の着物に紋が付いているので黒紋付です。結婚式に着る黒留袖は黒紋付とは言いませんね。分かり難いですが夏用の黒共帯です。着物と同じく、夏用の帯は透けています。絽(ろ)の黒共帯ですね。こちらが冬用の黒紋付。冬用といっても秋とか春はこちらを着ることが多いです。単衣で作ることもありますが、黒紋付の場合は夏用、冬用...
記事の続きを読む
0 コメント

◆振袖用長襦袢

紅花色の長襦袢をお求め頂きました。ありがとうございます。美しい鮮やかな紅花色です。地紋に桜があしらわれており、一部に絞りの桜の個所もあります。カラシ色の個所ですね。色が白けていますが、これはカメラマンの腕が今一つが原因かと。(難しい!)この長襦袢、一度カラシ色で染めてから、染まってほしくない部分を絞り、紅色を掛けています。下染めをかけているので、紅の色もより鮮やかになります。あまりにも綺麗な長襦袢...
記事の続きを読む
0 コメント

◆藍染絵絣 文福茶釜

当店オリジナルの着物、藍染絵絣をご用命頂きました。ありがとうございます。今となっては制作は不可能な逸品です。木綿の着物です。趣味中の趣味のお着物です。柄は昔話の文福茶釜です。この反物は久留米で織られた絣です。  当店で販売している絵絣は、江戸時代から明治頃までに存在していた、庶民の着物を復刻させたものです。元々藍染の木綿着物というのは、庶民の安価な着物でした。お金持ちは絹の着物、贅を凝らした友禅染...
記事の続きを読む
0 コメント

◆藍染絵絣

藍染の絵絣のお仕立てをご用命頂きました。ありがとうございます。昔、反物だけお買い上げいただき、この度仕立てを受ける事になりました。裏地を付けない単衣で仕立てます。藍染絵絣は木綿の織の着物です。織の着物は染まった糸で織ります。織る前の糸を予め染めます。染めは藍染です。藍染絵絣は江戸時代の庶民の着物として考案されました。それを当店で復元販売したのが藍染絵絣の反物です。今となっては二度と手に入らない逸品...
記事の続きを読む