~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆インド宮廷絵画袋帯

過去に販売した袋帯です。お手入れでお預かりしました。インドの宮廷絵画がモチーフとなった袋帯です。織物です。宮廷絵画は「インド細密画」とも呼ばれ16世紀後半~19世紀頃に画かれたものです。手元の資料にズバリこれだというものが無かったので、インド更紗の資料から似た雰囲気のものを探してみました。象に乗っています。前の人が貴族で後ろの人が従者でしょうか。この傘が日本では仏像の頭上の天蓋になったりします。 この...
記事の続きを読む
0 コメント

◆白生地染めます。

白生地と色無地の染めを御用命頂きました。ありがとうございます。当店では白生地の染めも行っています。小紋、色無地、訪問着などを染めることが出来ます。今回は白生地もお求め頂き、色無地を染めることになりました。白色は写真に撮るのが難しいです。カメラマンの技術不足ですね。地紋については染まった時のが分かり易いので、その時にでもブログで紹介できればと思います。もし、家に染めていない白生地がありましたら、状態...
記事の続きを読む
0 コメント

◆組紐袋名古屋帯

組紐帯を御用命頂きました。ありがとうございます。まだ仕立てる前です。帯芯を入れずに、かがるだけになります。袋名古屋帯になります。拡げるとこんな感じになっています。画像で見るとボカシ染めの帯にも見えますが、織の帯です。組紐は古くは「新羅」、「高麗」、「唐」などという名称があります。日本に残る組紐の古例は、奈良の正倉院に伝来する、奈良時代の組紐があります。直線を基調とした文様なっています。色が鮮やかで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆唐織名古屋帯

当店で販売した唐織の帯です。今回はお手入れで預かりました。ありがとうございます。現在ではも二度とこのような見事な唐織の帯は出ないでしょう。飽きの来ない素晴らしい帯だと思います。色合いから言うと、飽きっぽい枯れた渋い色合いですが、文様を見ると枝垂れ桜になっています。色のバランスも良く、画像ですと分かり難いですが、派手なパッとした色合いではなく、年数を経た古色仕上げとなっています。力がある帯です。この...
記事の続きを読む
0 コメント

◆四霊図宝尽袋帯

袋帯をお求め頂きました。ありがとうございます。文化財復元小袖シリーズの、黒地霊獣文と宝尽文様のたいへん珍しい力のある袋帯です。奈良県にある高松塚古墳の、四神図は大変有名ですが、あれとは構成する霊獣が違います。古墳のそれは「青龍」「白虎」「朱雀」「玄武」ですが、こちらは白狐はおりません。先ずは正面を向いた珍しい構図の龍文です。黄色は黄帝の色でもあります。龍はその手に宝珠を掴んでいますが、この龍文の場...
記事の続きを読む