~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆天目台

天目台を2個ご注文頂きました。ありがとうございます。天目台とは天目碗という御茶碗を乗せる為の台のことです。画像の物は茶道(抹茶)で用います。 通常、茶席では御客様に天目碗で茶が出ることは、まずありません。 天目碗は最も重い御茶碗になりますので、献茶会などで床(流祖の掛軸とか掛けてある)に供えたりするのに用いるからです。今回お求め頂いた御客様は、茶道で使うのではなく弁天箱を使う際の、お供え用です。(...
記事の続きを読む
0 コメント

◆茶碗金繕

茶碗の直しを承りました。ありがとうございます。小振りの黒楽茶碗の直しです。良い御茶碗ですね。ヒビが一箇所、欠けが一箇所ありました。ヒビはこちら。金繕で直しました。欠けはこちら。普段から使いたいと言うことでしたので、直しをすることとなりました。茶碗も喜ぶかと思います。大切になさって下さいませ。紅葉屋では着物以外にもこのような業務も行っております。見積出します。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆掛軸の表装

当店は着物屋です。着物に関することでしたら何でもやりますが、骨董品関係も扱っております。また、掛軸の表装なども実は行っています。こちらは薬師寺の三重塔の伏鉢と呼ばれる部分の拓本。こちらを掛軸に表装しました。茶掛です。寄付に飾ります。こちらは同じく薬師寺の、国宝になっている薬師如来像の台座からとった拓本。結構古いものなので、劣化もあり紙が破れていました。これも掛軸に表装しました。破れが気になります。...
記事の続きを読む
0 コメント

◆八卦の盆

今回は茶道具関係のものをご紹介。 当店で販売しています。丸いお盆で漆塗りのものです。直径は23センチあります。面白いのは縁に円を描くように八卦(はっけ)と呼ばれる装飾が施してあることです。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の八卦です。八卦とは易(えき)学の用語。  陰爻(こう)と陽爻とを3本重ねることによって作られた8種類のパターンがあります。すなわち、  ☰乾(けん),☱兌(だ),☲離(り),☳震(しん)...
記事の続きを読む
0 コメント

◆硯屏(けんびょう)

お客様からの依頼で、何でもお友達がインド旅行のお土産で頂いたものを、茶道具で出来ないかとのこと。ものは菩提樹の葉っぱに描かれたお釈迦様。 何でもお釈迦様が悟りを開いた時のものだそうです。画像は加工済みのものですが、当初の状態は葉書大の黒い紙に糊付けしてありました。葉っぱは薄く、糊も無理に剥がすのは危険です。問題はこの葉っぱをどうするか?です。掛軸にはなりません。そこで考えたのが裏の黒い紙は剥がさず...
記事の続きを読む