~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆兎の古伊万里皿

草木と兎が2羽描かれた古伊万里の小皿。菓子器に丁度いい大きさです。時代は江戸後期。この頃の古伊万里皿は絵の面白さにある。裏面。志田窯で焼かれたものか。さっと引いた線にも勢いがあります。この古伊万里の皿の縁は珍しい造りになっています。縄目のような跡があるのです。古伊万里の皿は何度か見ましたが、こうなっているのは初めてです。この小皿。見所は何と言っても二羽の兎でしょう。草木に隠れるように岩の上に座って...
記事の続きを読む
0 コメント

◆ネックレスの直し

着物ではないですが、パールのネックレスの直しの注文を賜りました。ありがとうございます。2本預かりで、2本とも糸が切れた状態でした。これを直します。もう一つはこんな状態でした。これも直しました。紅葉屋ではこんな注文も賜ります。見積は無料です。※紅葉屋呉服店はこちら...
記事の続きを読む
0 コメント

◆黒留袖のお手入れ

新規のお客様よりご用命頂きました。ありがとうございます。黒留袖のお手入れです。左胸の辺り、家紋の下が白くなっていました。このままだと目立つのでお手入れします。光の関係で全体的に白っぽく写ってしまいましたが、白い個所は判別出来ない状態にまで回復しました。どうしても黒留袖は着る機会が制限されるため、箪笥に入れっぱなしになりがちです。たまには状態の確認を兼ねて風通しをした方が良いでしょう。当店ではこんな...
記事の続きを読む
0 コメント

◆大津絵 鬼の袋帯

当店で販売した袋帯のご紹介。袋帯はどちらかというとフォーマル用ですが、中にはくだけた柄もあります。画像は大津絵の鬼をモチーフにした袋帯です。大変ユーモラスな図柄です。鬼が柱によじ登っています。大津絵とは滋賀県に今なお残る民芸画。近江国追分を発祥の地とするもので、寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始めました。当初は信仰の一環として描かれたものでしたが、やがて世俗画へと転じ、加えて18世紀...
記事の続きを読む