~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆振袖

振袖をご用命頂きました。ありがとうございます。辻が花の振袖と、能装束の柄を復元した袋帯です。金通しと呼ばれる生地です。全体的にしぼのある柔らかい風合いの生地でもあります。金通しとは生地に予め金糸を織り込んでいくものです。金糸は染まらないので、色をかけても金色のままです。辻が花とは、そういう花がある訳ではありません。15世紀末頃の絞りを多用した染めのことです。絞りを用い、柄を密集した状態で画くのが一つ...
記事の続きを読む
0 コメント

◆振袖のお手入れ

以前、当店でご用命頂きました振袖です。今日目にする振袖とは、文様、色、染め方、随分違いますが、じつはこれ、桃山時代の能装束をかなり意識して染めた一枚です。当店で惚れぬいた一枚です。時代色がかかり、古そうに見えますがアンティークの着物ではありません。あえて古く見えるように染めているのです。この当時、染め方、文様の入れ方は横に段々状態になっているのが一つの特徴です。蝶は再生とか転生を意味します。能は幽...
記事の続きを読む
0 コメント

◆猪の目茶碗

珍しい御茶碗がありましたのでご紹介。当店では茶道具も扱っております。現代作家の茶碗で形がハート形をしています。世間一般ではこの形を見た大半の人はハート形と言うと思いますが、和名では猪の目の形と言います。猪の目とは文字のごとくイノシシの目の形の文様と云われ、魔除けという意味があるそう。寺院の装飾にある蟇股とよばれる物にも、猪の目の文様を見ることがあります。上の画像は少し違いますが・・・。しかし金ピカ...
記事の続きを読む
0 コメント

◆若宮屏風追加分入荷

昨年末にご注文頂きました「若宮屏風」入荷しました。当店オリジナル商品です。その昔、殆ど忘れられてしまいましたが、金沢の習慣であった屏風を復元制作したものです。縁起の良い柄の布を用い、珍しい表装をしてあります。特殊な物ですので、中身をどーんと公開できませんが、ご来店頂いた方で見たいとおっしゃる方にはお見せします。お部屋が一気に明るくなりますし、お家繁栄の願いが込められた超縁起物の屏風です。本気でお家...
記事の続きを読む
0 コメント

◆黒留袖のお手入れ

黒留袖のお手入れをご用命頂きました。ありがとうございます。全体的に埃っぽかったので丸洗いしました。思い入れのあるお着物は、こうして保管しておくのをお勧めします。手入れさえしっかりしておけば、着物は世代を超えて愛用出来ます。他店様購入のお着物でも、ご相談承ります。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆白生地を染める

別誂えの注文をご用命頂きました。ありがとうございます。別誂えとは白生地(何も染まっていない白い反物)を京都で着物に染めることです。別誂えの染めは、呉服屋さんの店頭でよく目にする着物の柄とは異なるものを扱っております。今回は大島の紬の白生地をお預かりしました。ペルシャ草花文更紗です。小紋ですね。小紋はお洒落着物ですので、一番楽しめるかと思います。白生地を染める場合、反物も種類が多々あります。その織り...
記事の続きを読む
0 コメント

◆名古屋帯 保管について

名古屋帯のお手入れをご用命頂きました。紬系の洒落帯です。お話を聞けば何年、いや何十年単位でしまいっぱなしとのこと。カビ汚れですね。かなり汚れています。ちょっとこれはどうにもならなかったので、お断りしました。白い裏地でしたら漂白することも出来ますが、流石に色の入ったものは出来ません。しかも汚れがひどく、全体に及んでいます。しまいっぱなしの状態で、何シーズンも梅雨や暑い時期を過ごすと、着物には深刻なダ...
記事の続きを読む
0 コメント

◆振袖 お手入れ

k様より振袖のお手入れをご依頼頂きました。ありがとうございます。今年の成人式に着られました。お母さまの振袖とのことです。他店購入のものですが、当店ではご依頼があれば承ります。お手入れをする際は、全体を明るい所でくまなく見ます。じっくり見ることで、意外な個所の汚れも見つることが出来ます。今回は衿や後ろに汚れがありました。早め早めのお手入れが、結果的により綺麗になることにも繋がります。場合によっては何...
記事の続きを読む
0 コメント

◆子供用着物 洗い

今から40年以上前の子供用の着物。紡いだ白生地を当店で預かり、京都で染めたものです。節のある白生地です。今見ても鑑賞に堪えうる素晴らしい染めです。今ではこういうものはもう無いですね。貴重品です。亡くなったおばあ様が、生まれた孫娘の為に白生地を用意し、染めました。今ではその孫娘さんも高校生の娘さんの母親です。宮参りや、七五三など、二代に亘って着られたお着物です。ここの家の人達の想いが詰まったお着物でも...
記事の続きを読む
0 コメント

◆黒留袖のお手入れ

黒留袖のお手入れをご用命頂きました。ありがとうございます。お母様の黒留袖です。なかなか良い柄なので、まだ着たいとのことで綺麗にすることにしました。着物は手入れをすれば世代を超えて着ることが出来ます。ざっと見た所、先ず気になったのは比翼です。全体に黒い汚れが広がっています。どうもカビのようです。手入れをせず、また何年も、何十年も箪笥の引き出しを開けずにしていた場合、このようなカビが生えることがありま...
記事の続きを読む