~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆天平時代の古裂・調度品の文様を着物や帯に・・・。

現在、店内にて好評開催中の「山王社伝来観世音菩薩像と仏教文化の御紹介」より、着物の紹介をしたいと思います。今回、紅葉屋では天平時代に因んだ文様を、着物や帯に再現し展示販売を致します。上の画像は鴛鴦花弁文明綴帯。鏡などに用いられた文様をアレンジしたものです。織り方は明時代に考案された綴れ織の技法です。この他、天平時代の文様を取り入れた着物や帯がございます。今では二度と手に入らない逸品でございます。日...
記事の続きを読む
0 コメント

◆桐箱や紙箱作ります。

当店では着物を扱っておりますが、桐箱の作成も行っています。こちらは最近作ったもの。桐箱も板の組み方により値段が変わったりします。桐箱まで予算がという場合は、紙製の箱で作ることも出来ます。画像はダンボール製です。無論、桐箱の外箱用としてダンボール製の箱を重ねることも出来ます。紅葉屋ではこんな注文も承っております。※紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆長襦袢

長襦袢の御用命を頂きました。ありがとうございます。着物によって下に着る長襦袢は変わってきます。黒留袖や黒紋付(喪服)は白、画像のような薄めの色のものは、色留袖(家紋無しか一つの場合)、訪問着、色無地、小紋など様々な着物に対応します。振袖用は袖が長いので専用となります。あまりにもくだけた柄や、洒落感が強いものは小紋にしか向きそうもないものもありますが、着てしまえば分からないと言えば分からないので、そ...
記事の続きを読む
0 コメント

◆2020年度企画展より 若宮屏風の紹介

2020年度企画展「山王社伝来観世音菩薩像公開と仏教美術の御紹介展」より、当店の扱い商品の御紹介をします。当店は着物屋です。しかし、それ以外の物も扱っております。若宮屏風もその一つです。元々は古い習慣で、現在は途絶えてしまいましたが、金沢の嫁入り道具としてあったものと云われております。若宮とは子供の姿の神様で、その神が屋敷に住み着くと何百年も家が続き繁栄するそうです。この若宮、東北の方へ行くと名前が変...
記事の続きを読む
0 コメント

◆白生地染めやってます。

当店では白生地の染めを承っております。白生地を販売し、それを染めますが、他所のお店で白生地を購入したという物でも染めを行います。染めの世界は呉服屋さんの店頭でよく目にする着物とは違い、全然違う柄です。そして一からその方用の着物を染めますので、寸法から柄の位置を考えますのでその方にピッタリの一枚を作ることが可能です。(小紋は省く)もしお手元にまだ何も染めていない白生地があるのでしたら、染めてみるのは...
記事の続きを読む