~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆長襦袢お手入れ

長襦袢のお手入れをご用命頂きました。ありがとうございます。珍しい色の長襦袢ですが、これは当店で染め替えたものです。当初は白色の長襦袢でした。半衿は汚れがきつめにあったので、取り換えました。外した半衿がこちら。白色の刺繍が入っています。これを綺麗にすることも考えましたが、新品を取り付けた方が安かったので交換致しました。着物のことでしたら、何なりとご相談下さいませ。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆晒(さらし)

ご新規のお客様に晒をお求め頂きました。ありがとうございます。そんなに頻繁に出るものでもないですが、たまに売れます。今までにお買い求めいただいたお客様に聞くと、用途は様々です。長襦袢の下に着る肌着を作ると言う方や、最近だとマスクを作るとか。今回のお客様は包帯代わりにされるとのことです。逆にこちらが教えて頂くことも多いです。勉強になります。紅葉屋ではこんな注文も承っております。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆念珠の直し

黒珊瑚の念珠(数珠)が切れてしまい、珠がバラバラになったとのことで、修理を承りました。ありがとうございます。既に直した状態の写真です。こちらが黒珊瑚の一連念珠。こちらが同じく黒珊瑚の本連念珠です。(二連とも)良い念珠なので、こうして修理して使って頂けると有難いです。こちらが取り換えた古い房と紐。新品同然に蘇りました。珠が一部紛失していても、足りない球は補充して直すことも可能です。見積出します。紅葉...
記事の続きを読む
0 コメント

◆色無地着物のお手入れ

色無地のお手入れを承りました。ありがとうございます。青海波という地紋になっています。こういう文様ですね。海の波を表す文様です。日本は島国であるので海は身近なものでした。「日本の文様(源流社)」によれば、大海原を表現する模様として古くから使用されており、群馬県佐波郡出土の女子形埴輪の上着にへら書きで付けられており、この形象は既に4,5世紀の頃から用いられたそうです。京都の東寺に伝わる、弘法大師が身に着...
記事の続きを読む
0 コメント

◆鴛鴦金襴名古屋帯

鴛鴦金襴(おしどりきんらん)名古屋帯です。お茶の道具を包む名物裂(めいぶつきれ)と呼ばれるものの一つです。その名物裂を名古屋帯に復元したものです。(売約済み)本歌を探しましたが、ちょっと見つけられませんでした。なので鴛鴦金襴ではないのかもしれません(汗)。細かい織の金襴帯です。金襴とは、金箔糸を用いて文様を織り出したもののことです。地を金箔糸で織り出したものは金地金襴と言います。また、金箔糸の代わ...
記事の続きを読む