~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆訪問着と長襦袢のお手入れ

訪問着のお手入れを承りました。ありがとうございます。当店でご用意頂いた着物です。ボカシ染めも綺麗です。花鳥文ですね。友禅染めです。こうして着ていただけるのはありがたいことです。染めも良いです。併せて長襦袢のお手入れも賜りました。今回は半衿だけのお手入れです。品の良い訪問着かと思います。大切になさって下さいませ。紅葉屋呉服店はこちらまで...
記事の続きを読む
0 コメント

◆訪問着のお手入れ

訪問着のお手入れを賜りました。ありがとうございます。衿汚れと・・・。袖や後ろ見頃に汚れがありました。綺麗になりました。お客様の話ですと、20~30年位前に京都で染めたとか。確かに良い加工です。今見ても良いものはやはり良いですね。着物に関心が無いと、実はものすごく加工の良い物、染めが素晴らしい物、今では作れない貴重な物でも、受け継ぐ人の関心がないと手放してしまうことも多々あります。 親が用意してくれた一...
記事の続きを読む
0 コメント

◆訪問着のお手入れ

訪問着のお手入れを御用命頂きました。ありがとうございます。七五三で着られたそうです。衿も汚れていたので綺麗にしました。着物のお手入れをする際、丸洗いをするかしないかが問われます。例えば箪笥にしまいっぱなしの場合、埃っぽいことがあります。そんな時や、汚れが多い時なども、先に丸洗いをし、後でしみ抜きという工程を踏みます。  しかし、着物によっては箔を用いたものもあります。訪問着や留袖などが多いですが、...
記事の続きを読む
0 コメント

◆草履の修理

草履の修理を承りました。ありがとうございます。上の画像は修理前。佐賀錦と言う裂地を用いた草履です。経年劣化のため「前坪(まえつぼ)」と呼ばれる個所が、傷んでいました。この部分です。鼻緒も表側は大丈夫ですが、足の甲と接する方、裏側の生地が傷んでいました。鼻緒の交換も考えましたが、表が傷んでいないこと、昔の草履なので同じ鼻緒がメーカーに無いということで、鼻緒はそのままとなりました。今時の草履は幅広で鼻...
記事の続きを読む
0 コメント

◆天目台

天目台を2個ご注文頂きました。ありがとうございます。天目台とは天目碗という御茶碗を乗せる為の台のことです。画像の物は茶道(抹茶)で用います。 通常、茶席では御客様に天目碗で茶が出ることは、まずありません。 天目碗は最も重い御茶碗になりますので、献茶会などで床(流祖の掛軸とか掛けてある)に供えたりするのに用いるからです。今回お求め頂いた御客様は、茶道で使うのではなく弁天箱を使う際の、お供え用です。(...
記事の続きを読む