~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆色無地染め替え

色無地の染め替え(仕立て直し含む)を御用命頂きました。ありがとうございます。


こちらも撮ったつもりになっていましたが、肝心のお着物の写真はないので染め見本を用いて御紹介します。


元々はお客様のおばあ様の色無地でした。渋めの紫色の無地です。地模様はありません。


色無地染め替え①
(画像はイメージ)


寸法も短めなので、お客様の御要望に合わせて寸法も直します。染め替えする際は一度ばらしますので、別途仕立て加工代が発生します。(寸法直しの場合、着物屋さんの仕立て方によっては大きくすることが出来ない場合があります)

 
前回のブログでご紹介した訪問着の場合と違い、色無地は柄がある訳ではないので、色を抜くことが出来ます。
 
 
色無地染め替え②
(画像はイメージ)


一度白生地のような状態にするわけです。こうすれば何色でも染まります。


ただ、何でもかんでも出来る訳ではないです。染める色無地の状態によってはお断りする場合もございます。経年劣化などで色抜きに生地が耐えられないこともあるからです。
 
 
色無地染め替え③
(画像はイメージ)


そしてこんな色に染め替えました。八掛も紫色でしたが、こちらも色抜きし着物と同色で染め替えました。年数が経過した着物を色抜きする場合、古いシミとかがあると若干シミ跡が残る場合もあります。

 
今回のケースもそれがありましたが、仕立ての段階で着物を着てしまえば、そのシミ跡が出てこないように調整して仕立て直しました。
 
 
おばあ様の想いをお孫さんが引く継ぐことになったこの色無地。着物はこのように手を入れればまた楽しむことが出来ます。おばあ様も色無地も喜んでいると思います。


紅葉屋ではこんなことも承ります。見積出しますので、気になる方は声をかけて下さいませ。


紅葉屋呉服店はこちらまで








 

コメント

非公開コメント