~主に着物に関する独り言~

プロフィール

もみじ

Author:もみじ
名古屋市西区で着物屋を営んでいます。
主に着物(仕事)を通じた独り言です。

お着物のことなら何でもご相談下さいませ。

最新コメント

0 コメント

◆天目台

天目台を2個ご注文頂きました。ありがとうございます。

天目台3

天目台とは天目碗という御茶碗を乗せる為の台のことです。画像の物は茶道(抹茶)で用います。
 
通常、茶席では御客様に天目碗で茶が出ることは、まずありません。
 
天目碗は最も重い御茶碗になりますので、献茶会などで床(流祖の掛軸とか掛けてある)に供えたりするのに用いるからです。


天目台4

今回お求め頂いた御客様は、茶道で使うのではなく弁天箱を使う際の、お供え用です。

(弁天箱についてはこちらまで

天目碗を乗せるとこのような感じになります。

天目台2

黒漆塗りの天目台です。漆の下の台自体は木製とプラスチック製があります。

木製ですと1つ13,420円。

プラスチック製ですと、1つ6,160円となります。
 
見た感じでは木製とプラスチック製の判断は正直つきません。

木製とプラスチック製と聞くと、どうしても後者の方が安物と言うイメージを抱く人がいるかと思いますが、明治期の工芸品では木製よりもプラスチック製の方が、物によっては貴重品・高価という評価だったそうです。時代によって物の価値は変わりますね。


 
塗は山中塗です。天目台を塗る山中塗の職人さんは、聞くところによると現在3人しかいないそうで、後継者も不足しているとのこと。何れ注文されても出来なくなると思います。


紅葉屋ではこのような注文も承っております。


紅葉屋呉服店はこちらまで 


コメント

非公開コメント